大手銀行と消費者金融のカードローンの違い

初めてお金を借りようと考えているかたにとって、銀行カードローンと消費者金融のどちらを利用すればいいのか悩みますよね。安心のあるところに頼りたいですよね。銀行と消費者金融では異なることがいくつかあります。大手銀行のカードローンは審査に時間がかかり審査も厳しいのですが金利は低いです。

専業主婦のように収入がなくてもカードローンを利用することができます。一方消費者金融は審査に時間はかからなく審査は銀行より厳しくありません。しかし金利は高いです。そして消費者金融は総量規制の対象になっています。総量規制とは年収の3分の1以上は借入ができないという規制です。例えば年収300万円の場合は100万円以上の借入はできないということです。

それ以上借入をしたいかたは困りますよね。銀行は総量規制の対象外ですのでそういう場合は銀行でお金を借りた方がいいということになります。もし銀行でも消費者金融でもお金を借りることができなかったら審査の甘いカードローンもあります。

 

流通系銀行でもキャッシングできます

キャッシングと言えば大手銀行のカードローンや消費者金融を思い浮かべる方も多いと思います。しかし、今は楽天銀行やじぶん銀行、ジャパンネット銀行、ソニー銀行などのネット銀行やイオン銀行やセブン銀行などの流通系銀行でもカードローンを利用できるようになりました。

利用者にとっては選択の幅が広がっていいことですね。ネット銀行や流通系銀行のカードローンは手続きがインターネットで完結したり、一定の金額までは収入証明書がいらなかったり、手続きが簡単になっています。そのため利用者が増えています。大手銀行と何が違うのかいまいちわからないというかたは、銀行カードローンの比較サイトもあるので見てみるといいかもしれません。

また他社借り入れをしていても銀行でお金を借りれるのか心配な方もいると思います。他社借り入れ3社以下なら大手消費者金融や銀行でも借り入れをすることができます。不安だったら電話をしてオペレーターに聞いてみてもいいでしょう。

 

マップや経営理念などを確認

昨今では、新しいタイプの商品が検討される傾向があります。従来からの融資という手段とは別途で、売却という手段が検討される事もあるのです。ほとんどの法人は、売掛金などの債権を抱えています。それを速やかに現金化できるサービスもある訳です。多くの銀行では、それをファクタリングと表現しています。早さを求める時には、非常に便利と言えます。

ただしそれを用いて資金を確保したい時は、業者はよく選ぶ必要があります。選ぶ基準は色々あって、まずマップです。きちんとした業者ならば、マップなどに住所も掲載されているはずです。逆に問題がある業者なら、事務所が実在しない可能性もあります。マップを見れば、それも概ね確認できる訳です。

それと、経営理念に関する記載です。金融会社では、公式サイトなどに理念を掲載しているでしょう。それをよく読んでおくと、会社の良し悪しも判断できる傾向があります。このような複数の手段で下調べを徹底しておけば、問題が発生する確率を大幅に減らせるでしょう。